日本患者会情報センター

患者団体関連ニュース

2011年11月08日

「患者が支えるバイオバンクとその未来」が開催されます。

バイオバンクとは、一般の方々や患者の皆さん、ご家族から提供された生体試料を保管する倉庫のことで、DNA、血清、細胞、組織など、様々な生体試料が医学研究に生かされてきています。
アメリカでは、患者団体自身がバイオバンクを運営する取り組みも始まっています。
このシンポジウムでは、アメリカの患者団体の方々に、バイオバンクに関わっていく意義やその難しさについてお聞きします。
詳細は、http://www.biobankjp.org/public/hayami03/seika_hayami03.htmlをご覧ください。

●「患者が支えるバイオバンクとその未来」

日時:2011年11月13日(日)13:30~16:30
会場:東京大学医科学研究所 1号館講堂
主催:文部科学省「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」
共催:日本人類遺伝学会、厚生労働省「希少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究班」
後援:立命館大学生存学研究センター/立命館大学グローバルCOE「生存学」創成拠点

参加費:無料
申し込み方法:配布資料準備の関係で、できるだけ事前申し込みをお願いしております。
お名前とご連絡先をご記入のうえ、EメールまたはFAXでお申し込みください。
Eメール:pubpoli(あっとまーく)ims.u-tokyo.ac.jp
※(あっとまーく)を @ に変えて送信してください。
FAX:03-6409-2080

<プログラム>
13:30  開会あいさつ 武藤香織(東京大学医科学研究所・准教授)
13:40  講演 アリス・ウェクスラー氏(米国・遺伝病財団・理事)
14:25  講演 シャロン・テリー氏(米国・ジェネティック・アライアンス・代表)
15:05  休憩
15:20  パネルディスカッション
進行:松原洋子氏(立命館大学生存学研究センター・教授)
指定発言:増井徹氏(難病研究資源バンク、独立行政法人医薬基盤研究所・室長) 他
16:30  閉会(予定)

※リンクURLはニュース掲載時のものです。すでに削除または終了しているものもあります。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Acrobat Readerが必要です。くわしくはアドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

ページのTOPに戻る