日本患者会情報センター

患者代表募集関連ニュース

2009年6月03日

がんの痛み治療に関する作品を募集中です。

痛みを持つ患者さんのQOL(Quality of Life)向上への貢献を目指す医療従事者の団体JPAP®(Japan Partners Against Pain)が、がんの痛み治療を受けて生きる力を取り戻し、がんと向き合い前向きに暮らす患者さんやご家族、支援者の方の作品(エッセイ・写真・アート)を募集しています。 
締め切りは2009年8月31日(月)で、インターネットと郵送で応募できます。詳細は下記をご覧ください。 

●「1020キャンペーン」(疼痛ゼロ:トー=10,ツー=2,ゼロ=0) 
「JPAP®スマイルアワード2009」 

※リンクURLはニュース掲載時のものです。すでに削除または終了しているものもあります。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Acrobat Readerが必要です。くわしくはアドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

ページのTOPに戻る