日本患者会情報センター

患者代表募集関連ニュース

2009年9月03日

新型インフルエンザ患者会ミーティングを開催します。

日本患者会情報センターでは、平成21年度厚生労働科学研究費補助金研究「2009年度第一四半期の新型インフルエンザ対策実施を踏まえた情報提供のあり方に関する研究」研究班において、研究協力者として、基礎疾患のある方々に対する新型インフルエンザの情報提供やそのあり方に関する取り組みにご協力しています。
その一環として、昨年度に引き続き、第3回目の「新型インフルエンザ患者会ミーティング」を9月11日(金)に開催することになりました。詳細・申込方法は下記をご覧ください。
なお、開催場所となっている厚生労働省のセキュリティの関係から、事前のお申し込みをお願いします。

平成21年度 厚生労働科学研究費補助金研究
新型インフルエンザ患者会ミーティング
日時 2009年9月11日(金)18:00~20:30
場所 厚生労働省 5階 共用第7会議室
東京都千代田区霞が関1-2-2  ℡03-5253-1111
地下鉄丸ノ内線、千代田線、日比谷線「霞ヶ関」駅下車
出口B3b(合同庁舎5号館直通)又は出口C1(徒歩3分)
参加費 無 料

<プログラム>
司会 日本患者会情報センター 代表 栗山真理子
18:00~18:05 開会・挨拶
京都大学大学院 医学研究科社会健康医学系専攻 健康情報学分野教授 中山健夫
18:05~18:20 解説「新型インフルエンザの流行期をいかに乗り越えるか ―双方向のコミュニケーションの重要性-」
京都大学大学院 医学研究科社会健康医学系専攻 健康情報学分野教授 中山健夫
18:20~18:50 解説「新型インフルエンザ対策における医療体制について」
厚生労働省 新型インフルエンザ対策推進本部 医療班  髙山義浩
18:50~19:10 解説「新型インフルエンザハイリスクグループに何を伝えるか ―疾患別対策マニュアル作成委員会から―」
医師委員 順天堂大学大学院感染制御科学准教授 堀 賢
患者委員 赤城智美(喘息)・山田幸子(糖尿病)
19:10~19:20 休憩
19:20~20:25 意見交換会(ミーティング)
・新型インフルエンザ、患者は医療体制に何を望むか
・行政や医療機関に期待する情報提供・共有のあり方について
・各患者団体が行っている新型インフルエンザ対応策について
・ワクチン接種の優先順位案をどう考えるか
20:25~20:30 閉会・挨拶
厚生労働省健康局結核感染症課感染症情報管理室長  中嶋建介

申し込み方法】
下記のとおり、FAX、お問い合わせフォームのいずれかでお申し込みください。

FAXからのお申し込み
送付先 : 0422-55-1984
下の申し込み用紙をダウンロードの後、印刷してお使いください
pdf 「新型インフルエンザ患者会ミーティング申込用紙」PDFダウンロード(96KB)

●お問い合わせフォームからのお申し込み
送付先 :  このサイトのお問い合わせフォーム
次の内容を選択あるいはご入力ください。
■お問い合わせ件名:「その他」を選択してください
■お名前
■メールアドレス
■ お問い合わせ内容
1. [貴団体名]
2. [参加者人数](    人)
3. [ご質問・ご要望など]

【問い合わせ】
日本患者会情報センター 担当/栗山
piu_japan(アットマーク)yahoogroups.jp
※スパムメール(迷惑メール)対策として、「@」を「(アットマーク)」と表示しています。
「@」に変えてからメール送信してください。
(携帯電話 090-4728-5421 ※なるべくメールでお問い合わせください)

※リンクURLはニュース掲載時のものです。すでに削除または終了しているものもあります。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Acrobat Readerが必要です。くわしくはアドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

ページのTOPに戻る