日本患者会情報センター

患者代表募集関連ニュース

2009年9月25日

患者参加に関する公開シンポジウムを開催します。

日本患者会情報センターでは、「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」研究班の研究協力者として、同研究班とともに、公開シンポジウム「診療ガイドライン・医療政策の場における患者・市民の役割 ~英国NICEと日本の現状~」を開催いたします。
英国では医療の質向上に向けて設置されたNICE(National Institute for Health & Clinical Excellence)が、診療ガイドライン関連の諸課題に対して責任を負っています。その中で患者や消費者の参加をコーディネートしているのが、Patient and Public Involvement Programme (PPIP:患者消費者参加促進部門)です。この公開シンポジウムでは、PPIPの前責任者であるDrマルシア・ケルソン氏の講演を中心に、日本の患者・医療消費者参加の現状も紹介する予定です。
9月26日(土)は東京で、翌27日(日)は京都での開催となります。いずれも参加無料で、どなたでもご参加いただけます。ぜひお越しください。

【東京開催】
厚生労働科学研究「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:
患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」(2007~2009年度)

公開シンポジウム
「診療ガイドライン・医療政策の場における患者・市民の役割
~英国NICEと日本の現状~」

日時:2009年9月26日(土) 13時~16時 (開場12時30分)
会場:東京大学医学部附属病院 入院棟A15階 大会議室
参加無料・逐語通訳あり
(どなたでも参加できます)

<プログラム>

・「診療ガイドライン:エビデンス、患者参加、コミュニケーション」
中山健夫教授 (京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻)

・「診療ガイドライン作成への患者・市民参画について ~NICEの取組み~」
マルシア・ケルソン博士 (英国NICE・患者消費者参加促進部門 コンサルタント)

・「患者家族と専門医が一緒に作った診療ガイドラインの取り組み」
森川昭廣先生 (日本小児アレルギー学会前理事長、群馬大学名誉教授)

・「患者・市民との協働を目指して ~がん医療政策の現場から~」
迫井正深氏 (広島県 健康福祉局長)


主催:厚生労働科学研究
「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」研究班
主任研究者 中山健夫 (京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野・教授)

共催:日本患者会情報センター、財団法人国際医学情報センター
後援:財団法人日本救急医療財団、財団法人日本医療機能評価機構、NPO法人医学中央雑誌刊行会

<お申し込み方法>

配布資料の準備がございますので、ご参加ご希望の方は、「氏名・ご所属・連絡先メールアドレス」を下記宛先まで、事前にお申し込みをいただければ幸いです。
表題に【東京】とお書きください。
piuj_sympo(アットマーク)yahoogroups.jp
※スパムメール(迷惑メール)対策として、「@」を「(アットマーク)」と表示しています。
「@」に変えてからメール送信してください。

【京都開催】
厚生労働科学研究「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:
患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」(2007~2009年度)

公開シンポジウム
「診療ガイドライン・医療政策の場における患者・市民の役割
~英国NICEと日本の現状~」

日時:2009年9月27日(日) 13時30分~16時30分 (開場13時)
会場:メルパルク京都 6階会議室C
参加無料・逐語通訳あり
(どなたでも参加できます)

<プログラム>
・「診療ガイドライン:エビデンス、患者参加、コミュニケーション」
中山健夫教授 (京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻)

・「診療ガイドライン作成への患者・市民参画について ~NICEの取組み~」
マルシア・ケルソン博士 (英国NICE・患者消費者参加促進部門 コンサルタント)

・「日本における患者参加の現状と課題」
本田麻由美 氏 (読売新聞社 社会保障部)

主催:厚生労働科学研究
「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」研究班
主任研究者 中山健夫 (京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野・教授)

共催:日本患者会情報センター、財団法人国際医学情報センター
後援:財団法人日本救急医療財団、財団法人日本医療機能評価機構、NPO法人医学中央雑誌刊行会

<お申し込み方法>
配布資料の準備がございますので、ご参加ご希望の方は、「氏名・ご所属・連絡先メールアドレス」を下記宛先まで、事前にお申し込みをいただければ幸いです。
表題に【京都】とお書きください。
piuj_sympo(アットマーク)yahoogroups.jp
※スパムメール(迷惑メール)対策として、「@」を「(アットマーク)」と表示しています。
「@」に変えてからメール送信してください。

※リンクURLはニュース掲載時のものです。すでに削除または終了しているものもあります。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Acrobat Readerが必要です。くわしくはアドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

ページのTOPに戻る