日本患者会情報センター

患者参加のあゆみ

第1回:がん①

「愛する人に同じ思いをさせないために」
がん医療を動かした患者たち――その歩みの記録と今後の課題

本田麻由美 読売新聞社会保障部記者

ここ数年、がん医療の分野では、次々に患者の声を取り入れた政策展開が行われてきました。このような「今後の医療政策を決める場への患者参加」の道を拓いたのは、他ならぬがん患者自身です。がん医療を動かした患者たちの行動を、長年にわたって見守り続けてきた一記者の渾身のレポートを連載でお届けします。

ページのTOPに戻る