日本患者会情報センター

調査報告

保健医療施策検討の場における患者代表のあり方に関する調査

保健医療施策検討の場における患者代表のあり方に関する調査
―東京大学医療政策人材養成講座1期卒業研究より

日本患者会情報センターの出発点は、東京大学医療政策人材養成講座です。同1期(2004年10月~2005年9月)の卒業研究として、研究グループ(栗山真理子、三宅邦明、浅見万里子、石垣千秋、丹治泰子、小島あゆみ、本田麻由美、渡辺千鶴)では「医療政策に患者の声を反映させる仕組みづくり」をテーマに提言書を作成しました。その提言書の柱となったのが、全国の患者団体を対象に実施した「保健医療施策検討の場における患者代表のあり方に関する調査」です。ここから、患者団体の医療政策等に参加する意欲や意識、患者参加を実現するうえでの課題等が明らかになりました。

ページのTOPに戻る